anonymous No title
No License Python
2022年06月08日
Copy Clone
"""
中原中也+ドストエフスキー風文章 をPythonで作成

__BOS__あの電信柱が、夕空にクッキリしてても笑はない、かえって非常に優しいところがあり、非常に多くの貧民は、ただ人間のみに与えられたのであった。__EOS__
__BOS__「チェルマーシニャ行きは取りやめだ、おい、|悪臭い異教徒、いったいおまえは、ただ軽はずみで乱暴で、愛欲の強い、露骨な表情で彼を観察しながら、わたしの前で、あまり形式に拘泥すると、彼は起き上がってドアに鉤をかけて、おまけに車に載せがたいワレ物の女一人でいるために、上から下へ引きむしった。それから、深いもの思いに落ちてゆきながら、フェルフィーチキンにどなりつけた。「現代は長足の進歩、今のところで、やはり前のようになって喜んでやがる!』こういう考えが再び頭にひらめいた。__EOS__
__BOS__「手っとり早く言えば、お覚えですかどうですかね!』そして、二、三日――昨日も今日も、あなた、わたしはやはり給金を渡さないで、部屋のまんなかに突っ立ったまま、帰ろうとしかけたが、眼は一斉に彼の興味をひいた――彼の猜疑心はポルフィーリイにたった一度だけする身慄ひと共に父の家を見ておくんですがね、二階や一階の方の部屋から追い出したのは、わたしは自分で生きたいんだけど。おれは路地の中へ閉じこめるのだ。現在殆んど地|面につけるやうに、批評書へと赴くのではあるけれど、ありふれたものとされてゐるが、呉れる奴の方はカチェリーナ自身が学校時代にフランス語を教えてくれたよ。その後おまえ自身がモスクワへ行ったことがなかったために、彼はウォートカを一杯あおって、前後を忘れていたんですよ!」__EOS__
__BOS__かあいさうに、__EOS__
__BOS__「あすはもう起きるよ、あすは淫売がそれに続いたことがあるかもしれないが、おとなしいくせに君はたいへんなことを自白するやつがどこにあるのですもの。古着屋をして行きましょう。どちらです?」__EOS__
__BOS__けれども時間を着けた音楽でした__EOS__
__BOS__忘れてゐるといふことになるかもしれない。が、もしかすると、彼は悪寒をさえ感じたに違いない。そうかと思うね」__EOS__
__BOS__うるわしき自然の胸に翳りはじめ、そのためにわざわざここへやって来た百姓が、ふいにまた限りなき憎悪が彼の胸にも、一度お寄りしたことは殘らず思い返して見ましたが、そのくせ、誰かと話をすることもあるんです! ロジオン・ロマーヌイチ! あなたごらんになったとき聖書の講釈をしに行かしゃった)でもいいねえ! ああ、なんてばかなことを知らせてくれた。子供ですら彼女をからかったり、はずかしめたりはしなかったに相違ありませんよ。どうせあなたがたは正しゅうございました。もし現世のものであつて、芸術家達が、大部分そうなるでしょうが、しかし彼にしまいまで聞けといったら! しかも病身なんですよ。直ぐそんな所まで話が来るのである。__EOS__
__BOS__芸術家に芸術の素材を提供する。恰も「これはみんな興味のある、文学的序文というやつを、わたしは他人のために放つ言葉を、弟の顔を落ちつき払って、わたしがいまこんなに多言を弄していっさいを計画していた。そればかりか、時によると、あの不幸な人は甚だ稀なやうである。老夫人のおもなる点がどんなところにあっては、ぶんぶん鳴いているだけじゃなくて、静かに深くおれの足もとへ身をかがめ、鍵を箪笥に合せようとして、好い所まで引ッ込んぢまふ。__EOS__
__BOS__「未決囚のニコライをつれて、手回し風琴に合わして歌っている。しかし、すっかりもう朽ち果てて、床についてしまわないのは、極北のオブドルスクの、小さな修道院から、『主の御胸の血に染みた落日が__EOS__
__BOS__垢じみた襤褸の中にて最も大なるものなりき、かなしからずや__EOS__
__BOS__鱷は先づ横に銜へてゐた。悪かつた」__EOS__
__BOS__然し今、頻繁なる対人圏と同様にアデライーダ・ミウーソフの行動は、疑いもなく、二分間ばかりごそごそした後だ。ぼくは意気地なしだ。しかし、僕が今日、ここでは金銭というものは腕白がちなものであろうとも、すべて他人の目から見ている者もなければ、まるっきり二人の手の中からのぞいていた。__EOS__
__BOS__「かかってるんですよ!」とラズーミヒンは叫んだ。「それより、一つお尋ねしたいくらいですよ。それにくらべりゃ、お面の美しさをも感じられるといふものは甚だ稀薄であり、従来あつたものの改良品が出た。__EOS__
__BOS__『こいついったい何を、何か特別な表情をし、また彼らは無力で、永久に彼女の涙を流したのだ? 文明はただ感覚の多面性を発達させるばかりでなく、かえってそれから遠のいて、挨拶もしないにそんなものは諸君にとっても友人なのだ。__EOS__
__BOS__ゆたかな心よ、__EOS__
__BOS__つまらない事を、あやまっているんだよ! だがなあ、おい、七時過ぎだったようですが、これはお皿を暖めたんです。そのうえになお僕は、小さな隱れ間が附いてゐます。やがてお父さんが目を覚まし、__EOS__
__BOS__べろんべろんのパーヴェル・パーヴロヴィチを、街の埃や、例の小学生との謎のような高い岸からはひろびろとしたが、部屋のなかを歩き𢌞ったり、今ごろになって、意気ごみ激しく考えた。『もうおまえは救いにかかっているんだね?」__EOS__
__BOS__手真似につれては、唇も白けていた。__EOS__
__BOS__「じゃ、共産団へでも。人間てものは、石の門が建てられたものである。__EOS__
__BOS__こうした石の壁は本当に鎮静剤か何か、そんなだいそれたことが?」ふいに彼女は客を取り損ったので、その、わたくしは思いきってあなたにこれをわきまえている男の顏を醜く引き歪めてしまって、――え? おまえは本当に、兄貴ひとりを愛してゐた。赤い攣れた髪毛が額に迫り、その下では睡げだつた連中が、議論に引っ張り込んだからだ。きみは本当に何か表のような眼つきをし、__EOS__
__BOS__門そばのベンチに、下男のフィリップの話をして来た。__EOS__
__BOS__氷河、白銀の太陽、真珠の波、燠の前で最後の一幕を、きれぎれに思い出した。考えてみたうえで、急に腹を立てる。それも理由あってのことなんでがすからな……それからまたほかの理由もなしに、機会さえあれば、何やら小ぎれいな襟を掛け、即刻用件の説明を終わった。ずいぶん久しくウォートカを口にした。この男は自分の立場を傷つけた。それもあなたは當然、顏をあからめて、まったく呆氣にとられた。のみならず、傍目にはいかにも面白おかしくすごした今日の一日__EOS__
__BOS__まづ最初、その葉書を手にしながら、わたしはずんずん入って行った。__EOS__
__BOS__従兄が彼のために暮らし向きの扶助という形で言って、息がつまりそうだったんです……少なくとも、そう思われるに違いありません。神様がわしを鉤に引っ掛けて、地獄に天井があるものなら、僕は誰にでもありがちの単なる失敗を除いては、何かといふことを、明らかに見てとった。というわけでね、同じようにうつぶせにさせようとすると、役所へね。あの女はおれに瞬きしたんだい?」わたしはますますいら立ってゆきながら、フェルフィーチキンは憎々しげに、階段で情容赦なくぶたれているのです。わたしは、十|字のしるしや、あのふてぶてしい嘲弄が憎らしくてたまらないのです、キリスト様でなくてもよかったであろう。それにまた、事實に思い到るたびに、もうひどく抓るのが癖でしてな。いやなに、神父さん、わしの本性が分別を圧倒したり、復活したりすることなんかないからです、そうです」__EOS__
__BOS__その一方ヴェリチャーニノフは、憤然として彼の記憶にはまるでなっていたのである。実際そのころのグリンカもすでに聲は衰えていた。一本づつ我々に配つた。「お前、この人はもうたしかに六十にはなっていたレベジャートニコフはむきになって、外部に現われるのであった。彼は働きさえすれば、一つ、たった一つだけ、どうにかこうにか次のことが話したかったの?」とドゥーネチカは感情のこもった調子でこういったわけではありませんよ、ロジオン・ロマーヌイチ、わたしたちなんかすぐに見分けてもらえますまいか。__EOS__
__BOS__このなれなれしげな『あなた何用です?』と、尋ねるかもしれないという懸念さえも起こった。__EOS__
__BOS__魂を、摘まれた子供が、手近かな第二義的の原因をやっとのことでね……さあ、こちらへおいでなさい。何しろうまい口なんだよ」と嫌悪の表情を除外しての話であるが、マリヤ・コンドゥラーチェヴナさん」__EOS__
__BOS__炎のみゆる気孔の前に、どうして彼らの言うことを飲み込んでおくれ。お前の思案は好くあるまい。自分の亭主を並べた食卓だけである。不幸な老人の頭のなかにだって、あのひとのポケットへつめ込み始めた。__EOS__
__BOS__首吊人等の踊り__EOS__

"""
"""
中原中也+ドストエフスキー風文章 をPythonで作成

__BOS__あの電信柱が、夕空にクッキリしてても笑はない、かえって非常に優しいところがあり、非常に多くの貧民は、ただ人間のみに与えられたのであった。__EOS__
__BOS__「チェルマーシニャ行きは取りやめだ、おい、|悪臭い異教徒、いったいおまえは、ただ軽はずみで乱暴で、愛欲の強い、露骨な表情で彼を観察しながら、わたしの前で、あまり形式に拘泥すると、彼は起き上がってドアに鉤をかけて、おまけに車に載せがたいワレ物の女一人でいるために、上から下へ引きむしった。それから、深いもの思いに落ちてゆきながら、フェルフィーチキンにどなりつけた。「現代は長足の進歩、今のところで、やはり前のようになって喜んでやがる!』こういう考えが再び頭にひらめいた。__EOS__
__BOS__「手っとり早く言えば、お覚えですかどうですかね!』そして、二、三日――昨日も今日も、あなた、わたしはやはり給金を渡さないで、部屋のまんなかに突っ立ったまま、帰ろうとしかけたが、眼は一斉に彼の興味をひいた――彼の猜疑心はポルフィーリイにたった一度だけする身慄ひと共に父の家を見ておくんですがね、二階や一階の方の部屋から追い出したのは、わたしは自分で生きたいんだけど。おれは路地の中へ閉じこめるのだ。現在殆んど地|面につけるやうに、批評書へと赴くのではあるけれど、ありふれたものとされてゐるが、呉れる奴の方はカチェリーナ自身が学校時代にフランス語を教えてくれたよ。その後おまえ自身がモスクワへ行ったことがなかったために、彼はウォートカを一杯あおって、前後を忘れていたんですよ!」__EOS__
__BOS__かあいさうに、__EOS__
__BOS__「あすはもう起きるよ、あすは淫売がそれに続いたことがあるかもしれないが、おとなしいくせに君はたいへんなことを自白するやつがどこにあるのですもの。古着屋をして行きましょう。どちらです?」__EOS__
__BOS__けれども時間を着けた音楽でした__EOS__
__BOS__忘れてゐるといふことになるかもしれない。が、もしかすると、彼は悪寒をさえ感じたに違いない。そうかと思うね」__EOS__
__BOS__うるわしき自然の胸に翳りはじめ、そのためにわざわざここへやって来た百姓が、ふいにまた限りなき憎悪が彼の胸にも、一度お寄りしたことは殘らず思い返して見ましたが、そのくせ、誰かと話をすることもあるんです! ロジオン・ロマーヌイチ! あなたごらんになったとき聖書の講釈をしに行かしゃった)でもいいねえ! ああ、なんてばかなことを知らせてくれた。子供ですら彼女をからかったり、はずかしめたりはしなかったに相違ありませんよ。どうせあなたがたは正しゅうございました。もし現世のものであつて、芸術家達が、大部分そうなるでしょうが、しかし彼にしまいまで聞けといったら! しかも病身なんですよ。直ぐそんな所まで話が来るのである。__EOS__
__BOS__芸術家に芸術の素材を提供する。恰も「これはみんな興味のある、文学的序文というやつを、わたしは他人のために放つ言葉を、弟の顔を落ちつき払って、わたしがいまこんなに多言を弄していっさいを計画していた。そればかりか、時によると、あの不幸な人は甚だ稀なやうである。老夫人のおもなる点がどんなところにあっては、ぶんぶん鳴いているだけじゃなくて、静かに深くおれの足もとへ身をかがめ、鍵を箪笥に合せようとして、好い所まで引ッ込んぢまふ。__EOS__
__BOS__「未決囚のニコライをつれて、手回し風琴に合わして歌っている。しかし、すっかりもう朽ち果てて、床についてしまわないのは、極北のオブドルスクの、小さな修道院から、『主の御胸の血に染みた落日が__EOS__
__BOS__垢じみた襤褸の中にて最も大なるものなりき、かなしからずや__EOS__
__BOS__鱷は先づ横に銜へてゐた。悪かつた」__EOS__
__BOS__然し今、頻繁なる対人圏と同様にアデライーダ・ミウーソフの行動は、疑いもなく、二分間ばかりごそごそした後だ。ぼくは意気地なしだ。しかし、僕が今日、ここでは金銭というものは腕白がちなものであろうとも、すべて他人の目から見ている者もなければ、まるっきり二人の手の中からのぞいていた。__EOS__
__BOS__「かかってるんですよ!」とラズーミヒンは叫んだ。「それより、一つお尋ねしたいくらいですよ。それにくらべりゃ、お面の美しさをも感じられるといふものは甚だ稀薄であり、従来あつたものの改良品が出た。__EOS__
__BOS__『こいついったい何を、何か特別な表情をし、また彼らは無力で、永久に彼女の涙を流したのだ? 文明はただ感覚の多面性を発達させるばかりでなく、かえってそれから遠のいて、挨拶もしないにそんなものは諸君にとっても友人なのだ。__EOS__
__BOS__ゆたかな心よ、__EOS__
__BOS__つまらない事を、あやまっているんだよ! だがなあ、おい、七時過ぎだったようですが、これはお皿を暖めたんです。そのうえになお僕は、小さな隱れ間が附いてゐます。やがてお父さんが目を覚まし、__EOS__
__BOS__べろんべろんのパーヴェル・パーヴロヴィチを、街の埃や、例の小学生との謎のような高い岸からはひろびろとしたが、部屋のなかを歩き𢌞ったり、今ごろになって、意気ごみ激しく考えた。『もうおまえは救いにかかっているんだね?」__EOS__
__BOS__手真似につれては、唇も白けていた。__EOS__
__BOS__「じゃ、共産団へでも。人間てものは、石の門が建てられたものである。__EOS__
__BOS__こうした石の壁は本当に鎮静剤か何か、そんなだいそれたことが?」ふいに彼女は客を取り損ったので、その、わたくしは思いきってあなたにこれをわきまえている男の顏を醜く引き歪めてしまって、――え? おまえは本当に、兄貴ひとりを愛してゐた。赤い攣れた髪毛が額に迫り、その下では睡げだつた連中が、議論に引っ張り込んだからだ。きみは本当に何か表のような眼つきをし、__EOS__
__BOS__門そばのベンチに、下男のフィリップの話をして来た。__EOS__
__BOS__氷河、白銀の太陽、真珠の波、燠の前で最後の一幕を、きれぎれに思い出した。考えてみたうえで、急に腹を立てる。それも理由あってのことなんでがすからな……それからまたほかの理由もなしに、機会さえあれば、何やら小ぎれいな襟を掛け、即刻用件の説明を終わった。ずいぶん久しくウォートカを口にした。この男は自分の立場を傷つけた。それもあなたは當然、顏をあからめて、まったく呆氣にとられた。のみならず、傍目にはいかにも面白おかしくすごした今日の一日__EOS__
__BOS__まづ最初、その葉書を手にしながら、わたしはずんずん入って行った。__EOS__
__BOS__従兄が彼のために暮らし向きの扶助という形で言って、息がつまりそうだったんです……少なくとも、そう思われるに違いありません。神様がわしを鉤に引っ掛けて、地獄に天井があるものなら、僕は誰にでもありがちの単なる失敗を除いては、何かといふことを、明らかに見てとった。というわけでね、同じようにうつぶせにさせようとすると、役所へね。あの女はおれに瞬きしたんだい?」わたしはますますいら立ってゆきながら、フェルフィーチキンは憎々しげに、階段で情容赦なくぶたれているのです。わたしは、十|字のしるしや、あのふてぶてしい嘲弄が憎らしくてたまらないのです、キリスト様でなくてもよかったであろう。それにまた、事實に思い到るたびに、もうひどく抓るのが癖でしてな。いやなに、神父さん、わしの本性が分別を圧倒したり、復活したりすることなんかないからです、そうです」__EOS__
__BOS__その一方ヴェリチャーニノフは、憤然として彼の記憶にはまるでなっていたのである。実際そのころのグリンカもすでに聲は衰えていた。一本づつ我々に配つた。「お前、この人はもうたしかに六十にはなっていたレベジャートニコフはむきになって、外部に現われるのであった。彼は働きさえすれば、一つ、たった一つだけ、どうにかこうにか次のことが話したかったの?」とドゥーネチカは感情のこもった調子でこういったわけではありませんよ、ロジオン・ロマーヌイチ、わたしたちなんかすぐに見分けてもらえますまいか。__EOS__
__BOS__このなれなれしげな『あなた何用です?』と、尋ねるかもしれないという懸念さえも起こった。__EOS__
__BOS__魂を、摘まれた子供が、手近かな第二義的の原因をやっとのことでね……さあ、こちらへおいでなさい。何しろうまい口なんだよ」と嫌悪の表情を除外しての話であるが、マリヤ・コンドゥラーチェヴナさん」__EOS__
__BOS__炎のみゆる気孔の前に、どうして彼らの言うことを飲み込んでおくれ。お前の思案は好くあるまい。自分の亭主を並べた食卓だけである。不幸な老人の頭のなかにだって、あのひとのポケットへつめ込み始めた。__EOS__
__BOS__首吊人等の踊り__EOS__

"""
No one still commented. Please first comment.
Output