anonymous No title
No License Python
2022年06月08日
Copy Clone
"""
太宰治+夏目漱石 風の文章を実際の作品を基に、マルコフ連鎖などを使って作ってみた

__BOS__「君子の道」も以後はいっさい口にせぬというその人の名を呼ぶ声が聞える。睡るウィリアムは眼を上げると共に穏かに、私は一つの駄句もない、さればと云って、別に井伏さんに少しでも安心させるための生活なのか」__EOS__
__BOS__突如、実にまったく突如、酔いが発した。__EOS__
__BOS__孤高とか、節操とか、潔癖とか、そういう外圧的の法則に支配されているばかりで、年の暮の事なのではないか。さうではない、成功する人とに別れるのである。しかし、この本州北端の一小都会に到着した。僕だけじゃないか。この奥さんは狂っていた。庭は暗くなった電灯がまたぱっと消えた。坑夫はしばらくの間黙っていた。今の彼には、どうも田五作の剛情な一面が着くじゃないか」__EOS__
__BOS__また少し行くと古い寺の傍にまた一人の貧しい作家の、書簡、手帳の破片、牛乳の空瓶を一ぱい積んで、貧乏人を圧迫するは見やすき道理である。__EOS__
__BOS__元気のない顔をして白く光る顔をした。代助は門野の顔を写してはいません。ホレーショーを、わしは聞いて居たので僕は、絶対に勝たなければならないと思ったのが、御米が云つた。その時裏で真事の床を汚す面積は靴の底を眺めた。__EOS__
__BOS__蛇は吾々仲間のうち、尤も単調な重複を厭わざるものには必ず帽子を披らない男の事を殆んど御米のぶら/\歩いてゐるうちに、それを自分の頭に宿さないのを憤つたのである。植物的である。何でも好いから甞めている。まるで道徳的観念に妨げられるおそれがある官立学校の地位を思つてゐたのだと解釈した。私のひとすじの愛あらわれ、菊池寛のところへ、持ち込み、殴られても、とてもいいクラスなんだ。それを知り極めないと死んでも離れていなければいけない。これは、とがめだてするものであった。その時の査閲には出てくれるでしょうか、と僕は思わずぽろっと、燃えるマッチをとり落したのは事実上不可能の事と無分別を起していた。__EOS__
__BOS__そうしてこの一言に心臓を破って、その余波が明治維新後にも、秘密があるんだったら、これからどこへお世話になる。」__EOS__
__BOS__あの土手の上に見たのみである。優しさということさえ、わからなかったけど、妙に陽気な心持の両端に地位、教育、性質に至つては、つねに危所に遊んでいる。木とも見えない。本当の三介が砕けよと一塊りの石炭を掘った大きな穴を見出したくらいです。ところが「覚悟」という言葉が手に取るように言った。周さんがこのごろ医学の研究に上って、ごろりと転がって肱枕をして其席へ顏を出す。三四郎は正直だから、そのまま来ました」と代助はその親友であった。__EOS__
__BOS__雨風にたたかれながら、男爵は大声出した。私も、笑って別れようと云えず、何と答えてよいかわからなかった。それで自由に頭の発達したものだろうかと推察してまた一通。これもまた津軽特有の「要領の悪さ」は、見どころがあると云う事と(二)__EOS__
__BOS__事務所は、せまくるしく、しかも殺風景で、こんな事を云った。その上でまたおれが行くともどうとも挨拶ができるのではあるしさ。ねえ独仙君は無言のまましばらくの間双方共|頭を両手で持ちながら、__EOS__
__BOS__「ペリカンをかいて平気でいるのを聞いた時、突然、私の中の小野さんであって、何でも大変怒ってるそうだ。傍で見てゐやがる。これだから、どうも高い所へ乗せられるところを、際どく右へ切れさえすれば、段々が一つづつ分明になつてゐるのを、あなたがあの看護婦と口をゆがめた。直治のお蒲団を売っている店は、町内には一軒おきの隣であった。自分はちょうだいしておられぬ、くるしい思いをしている。鮮やかな紅の滴々が、いつ晴れると云う的もなく、三十九年五月十日『帝國文學』――__EOS__
__BOS__床の間の前に飛んでいるねえ。」妻は睡眠不足の少し充血した瞼をこすり始めた。思い思いに席を取って、左右を見た、と後悔やら恐怖やら焦躁やらで、自分の腑甲斐なさからであろうか。」私よりも相手の方が熱しやすい性だけに、獰猛組とはまるで発音が違うような感じがした。先刻平岡の呼ぼうと云うのと同じ事と見傚す弊や、あるいは天下をわがもの顔に得意にふるまうのが羨ましいのでしょうか。雨としては庇に響がない。よくよく探ってみると、しかし、めんだうな事件だし、――」__EOS__
__BOS__封筒が次から次へと詰問するように努めようと思う。こんな引っ掛りがなければちょっとお目にかかりたいからと、かず枝は大笑いであったわけですが、ほとんど耳へ入らないと云った」__EOS__
__BOS__乗って見たが逢われない。__EOS__
__BOS__起きて電燈を消すまえに、ぼくが立っている女が、「塵中の人、数千の人はとかく雷獣|輩が食物にしたばかりらしい蟹田警察署は、外ヶ浜を北上し、私が本郷の実家から船で一里ばかり行ったところでは豈独り門外漢のみならん、要するに人間を識別する事すら到底出来ぬのです。__EOS__
__BOS__それで原稿は一度君の許諾を得ないのは、ごくわずかになってやっと判った。__EOS__
__BOS__こんなものが面白いのかい」__EOS__
__BOS__「仕事なんてものは、見るがいい。おれだけ、ひとり死のう。あたしは、いつもと違って、動くなよと、銘仙の不断着を持っていない様子である。よし多少の變化があつても、成るべく沢山買つて来て、すぐ出て来た。お互いに、いやに大きく響いた。彼は自分の周囲に張った網の底が眼に映る感じがあつた。水の色は無論、強請がましい市場の呼び声に私は隣りの寺の孟宗藪で寒いほど緑りの滴たる束髪の脳巓が見える。古風な縄暖簾が見える。海は凪いでゐた。摺硝子の嵌まった腰障子が二枚|宛開けないで、また先刻のような男である。我々文士からいってもいい?」__EOS__
__BOS__のがれ去るより他はない。そんな嘘こそ、かえって美しいのだと思えば、なんだか無性に悲しくなります。白髪がめっきりふえていました。せめて、あの連中と飲んだのが失敗の基である、余が心を込むる草の香りも、煮えたる頭にはまだ自分の手から母と嫂が代助の用談と云うのが当面の問題は大分超越している。けれども、小生と逢って、この竜宮のお土産もっていってゆっくり読むがいい」と床の上にごろりと寝ころんでいるのでした。__EOS__
__BOS__玄関にはいって、うどんの立食いでさ。うまいも、まずいもない。もしラファエルの母があるのでございました。あなたは私の前に示した時々の素気ない挨拶や冷淡に見えるのでも無い事で、かへつてゐるんだね。もっとも、僕たちのほうよ。あの男も全く独仙の御蔭でこの通り刃が一度に崩して長くなっているものだが、それも私の方でする仕事というものを、小六も面白がつて、穴から出てくる吉野さんよりも、唄うことよりも、もう四五|分刈の頭を須永に見せた。それは判らん。」__EOS__
__BOS__お秀の上に堅き蹄が鳴るとき、おれの事を書いた後で始めてこの精神生活の四字を拈出した。令嬢の白い簡単服の胸のうちに直させたいというのは、わかるからだ。__EOS__
__BOS__自分には、この世では届かない。仕方あるにもせよ)後の怒は我と云うもの、あなたのことも、決して支那のひとたちも心配そうな口調で盲断している。よくまああんなにずうずうしく出来るものだ、太宰ってのは、こうなるとまた出ます。元来Kの養家では彼を玄関まで送り出すと、すぐ昇降器へ乗ったり、権現へ行ったり、恩師を案内したり、自殺を一歩|退いた。その翌々日の昼頃、先輩たちに連れられて近所の井の頭動物園に出かけて行かなければいけません。昔し親類に隠居がおって、申し合せたように、やって行けば訳はなかったか。私は、ほっと安心した。__EOS__
__BOS__「永い旅になるかも知れなかった。家の内で云った。__EOS__
__BOS__けろりとしていた父は、とくをする。これは主人の随意である。花毯ばかりではないが、実物の表情どおりできているかね、なんて私たちを、ひどい儒教ぎらいの男に育てあげてしまったのですが、あれもこれも上州の谷川温泉まで歩いて行つた。其努力の重なるものは、すでにその事実たるの点においても自分より立ち勝った兄が、ハムレットさまも、三浦さま御一族からの内報に依りただいま和田氏挙兵の事をお前に頼んで、私も、日本は北方の強大国露西亜に対して堂々と戦をして学界に爆発するなら、私たちも一緒に連れて来ましたよ。けれども死ぬ事は、すべての習慣は皆相応の功力があるのみで、夫は、あらわれませんでした。__EOS__
__BOS__学問ハオ好キデスカ__EOS__
__BOS__与次郎が勧めるので、三四郎は、こういう風に返辞をした。もっとも見所は正面の菓子台を眺めていた余には、元日の作ではない。列を作って、産業戦士の歌を、N君の家がどうなってしまう。不都合|極まる魔物じゃないか」__EOS__
__BOS__「山嵐というのは逢うのに少しばかり金のかかるたちの女が来ているのではなかった。田口は敬太郎には何のお話なんですが、それにしちゃいけない。おれは黙って嫂と話すのはなお厭でした。私の顔を見て、そうして、私もこうなればもう、どろぼうを招じ入れ、そうして、お餅をたべた。それから其所に納まり切らない道具類を並べてみたくなったが、わからない絵である。けれども、只の一返も腹を立てたやうなところで、私も、随分飲んだそうじゃないか」__EOS__
__BOS__キヌ子のアパートにとどけさせたのはもちろんであります。一概に唯インデペンデントであるというんだが、貴方には幸福だ。大事件だと想像してみて立派だとは代助の巻烟草を持ったまま、三四郎に向かっている。門から玄関へ行くまで千代子を天下の女性の運命を決する孤つ家が、お前少し癇違をして学校へ出たが、しかし、この十六歳の美しい処女は、眼と眼を見合せたのだという事を聞いて、ぼんやりしていて、安達謙蔵、と署名されて、拒否できるような気もする。まず、毎日のようにむっつりふくれた。彼の考によると、コンラッドは背景として自然を用いたように毛布に包まって砂浜の上を静かに待っていた。しかしそれよりもなほひどい。ああ、人間は、素朴に生きるより、他に損得問題があつて排斥するのかと襖ごしに聞き直して、ここが振りだしになってしきりに合掌しているのは実に早いものでもう景色専門家や人物専門家が出てから持って参りましたのはこのへんからその極点に達した。三千代の所へ見舞に来るのです。」__EOS__
__BOS__第九夜__EOS__
__BOS__「其時の僕は、おかみさんの口から愈七日の御一族のお方たちは、大いな苦痛であったに驚ろかずにはゐられない頭の奥に差し込む途端にぬらぬらと長い鎖を引き出したものである。我々の御者はこうして、この大作に彽徊する程、平岡が昔の事を言っちゃ悪いけど、俺は馬の半分、いや、本当に、将来どうなることかと、奥さんの持って生れた。ある時は全たくなかつた。__EOS__
__BOS__指輪は魔物である。__EOS__
__BOS__眞面目な顏が、おそろしくてたまらなかった。__EOS__
__BOS__だから敬太郎の肉付を賞められた事なんか、どうだっていい、僕だって承知している。入場者は続々寄って来る、どこかの国から来たばかりじゃ何にも批評せずに、空を呑む勢で遠くから私の切符を持っていた。と云うと、ブローアムに致しますから、どうぞ、こんなものと、私は憑きものから離れた。池をめぐって半町ほど歩けば目的の茶店で、僕はこの通り自然に復讎を取られるんだから、訪ねて行けないといふ悪い宿業を背負つて行くから、そこへ足を踏み込んだ事のない男であった。寒いと云うよりむしろ馬鹿気ているので、彼はビスマークの政治上で断行した時など、十幾人の家族が、ただ合点した。__EOS__
__BOS__「嫁か? さて、どうしたのであった。私は共犯者を作りたくなかったんでしょう。」__EOS__
__BOS__淋漓絳血腹中文。 嘔照黄昏漾綺紋。__EOS__
__BOS__前後して実家から受け取った手紙の中に、社会の現象をも思い合せ、しかも、まだ互に名乗り換した事がある。それはわたくし好く存じています。もはや、河口である。やがてまた出て行った。たまには我慢するが、お前たちのごちそうになった。__EOS__
__BOS__けれども眞野は率直だつた。__EOS__
__BOS__ただ兄の髪とその間から見える関節の細い、華奢な足と、漣の比ではない。向こうが人ならおれも聞いているものです。ハムレットの事に依りて、御客さんは三四郎に聞いた。__EOS__
__BOS__この若い助手さんにはとうとう arbiter elegantiarum と云うから、そうおっしゃるんですか」__EOS__
__BOS__仰数春星一二三四と歩いている気軽さが、ここは、いいひとだつた。何か御買物ぢやありません。」__EOS__

"""
"""
太宰治+夏目漱石 風の文章を実際の作品を基に、マルコフ連鎖などを使って作ってみた

__BOS__「君子の道」も以後はいっさい口にせぬというその人の名を呼ぶ声が聞える。睡るウィリアムは眼を上げると共に穏かに、私は一つの駄句もない、さればと云って、別に井伏さんに少しでも安心させるための生活なのか」__EOS__
__BOS__突如、実にまったく突如、酔いが発した。__EOS__
__BOS__孤高とか、節操とか、潔癖とか、そういう外圧的の法則に支配されているばかりで、年の暮の事なのではないか。さうではない、成功する人とに別れるのである。しかし、この本州北端の一小都会に到着した。僕だけじゃないか。この奥さんは狂っていた。庭は暗くなった電灯がまたぱっと消えた。坑夫はしばらくの間黙っていた。今の彼には、どうも田五作の剛情な一面が着くじゃないか」__EOS__
__BOS__また少し行くと古い寺の傍にまた一人の貧しい作家の、書簡、手帳の破片、牛乳の空瓶を一ぱい積んで、貧乏人を圧迫するは見やすき道理である。__EOS__
__BOS__元気のない顔をして白く光る顔をした。代助は門野の顔を写してはいません。ホレーショーを、わしは聞いて居たので僕は、絶対に勝たなければならないと思ったのが、御米が云つた。その時裏で真事の床を汚す面積は靴の底を眺めた。__EOS__
__BOS__蛇は吾々仲間のうち、尤も単調な重複を厭わざるものには必ず帽子を披らない男の事を殆んど御米のぶら/\歩いてゐるうちに、それを自分の頭に宿さないのを憤つたのである。植物的である。何でも好いから甞めている。まるで道徳的観念に妨げられるおそれがある官立学校の地位を思つてゐたのだと解釈した。私のひとすじの愛あらわれ、菊池寛のところへ、持ち込み、殴られても、とてもいいクラスなんだ。それを知り極めないと死んでも離れていなければいけない。これは、とがめだてするものであった。その時の査閲には出てくれるでしょうか、と僕は思わずぽろっと、燃えるマッチをとり落したのは事実上不可能の事と無分別を起していた。__EOS__
__BOS__そうしてこの一言に心臓を破って、その余波が明治維新後にも、秘密があるんだったら、これからどこへお世話になる。」__EOS__
__BOS__あの土手の上に見たのみである。優しさということさえ、わからなかったけど、妙に陽気な心持の両端に地位、教育、性質に至つては、つねに危所に遊んでいる。木とも見えない。本当の三介が砕けよと一塊りの石炭を掘った大きな穴を見出したくらいです。ところが「覚悟」という言葉が手に取るように言った。周さんがこのごろ医学の研究に上って、ごろりと転がって肱枕をして其席へ顏を出す。三四郎は正直だから、そのまま来ました」と代助はその親友であった。__EOS__
__BOS__雨風にたたかれながら、男爵は大声出した。私も、笑って別れようと云えず、何と答えてよいかわからなかった。それで自由に頭の発達したものだろうかと推察してまた一通。これもまた津軽特有の「要領の悪さ」は、見どころがあると云う事と(二)__EOS__
__BOS__事務所は、せまくるしく、しかも殺風景で、こんな事を云った。その上でまたおれが行くともどうとも挨拶ができるのではあるしさ。ねえ独仙君は無言のまましばらくの間双方共|頭を両手で持ちながら、__EOS__
__BOS__「ペリカンをかいて平気でいるのを聞いた時、突然、私の中の小野さんであって、何でも大変怒ってるそうだ。傍で見てゐやがる。これだから、どうも高い所へ乗せられるところを、際どく右へ切れさえすれば、段々が一つづつ分明になつてゐるのを、あなたがあの看護婦と口をゆがめた。直治のお蒲団を売っている店は、町内には一軒おきの隣であった。自分はちょうだいしておられぬ、くるしい思いをしている。鮮やかな紅の滴々が、いつ晴れると云う的もなく、三十九年五月十日『帝國文學』――__EOS__
__BOS__床の間の前に飛んでいるねえ。」妻は睡眠不足の少し充血した瞼をこすり始めた。思い思いに席を取って、左右を見た、と後悔やら恐怖やら焦躁やらで、自分の腑甲斐なさからであろうか。」私よりも相手の方が熱しやすい性だけに、獰猛組とはまるで発音が違うような感じがした。先刻平岡の呼ぼうと云うのと同じ事と見傚す弊や、あるいは天下をわがもの顔に得意にふるまうのが羨ましいのでしょうか。雨としては庇に響がない。よくよく探ってみると、しかし、めんだうな事件だし、――」__EOS__
__BOS__封筒が次から次へと詰問するように努めようと思う。こんな引っ掛りがなければちょっとお目にかかりたいからと、かず枝は大笑いであったわけですが、ほとんど耳へ入らないと云った」__EOS__
__BOS__乗って見たが逢われない。__EOS__
__BOS__起きて電燈を消すまえに、ぼくが立っている女が、「塵中の人、数千の人はとかく雷獣|輩が食物にしたばかりらしい蟹田警察署は、外ヶ浜を北上し、私が本郷の実家から船で一里ばかり行ったところでは豈独り門外漢のみならん、要するに人間を識別する事すら到底出来ぬのです。__EOS__
__BOS__それで原稿は一度君の許諾を得ないのは、ごくわずかになってやっと判った。__EOS__
__BOS__こんなものが面白いのかい」__EOS__
__BOS__「仕事なんてものは、見るがいい。おれだけ、ひとり死のう。あたしは、いつもと違って、動くなよと、銘仙の不断着を持っていない様子である。よし多少の變化があつても、成るべく沢山買つて来て、すぐ出て来た。お互いに、いやに大きく響いた。彼は自分の周囲に張った網の底が眼に映る感じがあつた。水の色は無論、強請がましい市場の呼び声に私は隣りの寺の孟宗藪で寒いほど緑りの滴たる束髪の脳巓が見える。古風な縄暖簾が見える。海は凪いでゐた。摺硝子の嵌まった腰障子が二枚|宛開けないで、また先刻のような男である。我々文士からいってもいい?」__EOS__
__BOS__のがれ去るより他はない。そんな嘘こそ、かえって美しいのだと思えば、なんだか無性に悲しくなります。白髪がめっきりふえていました。せめて、あの連中と飲んだのが失敗の基である、余が心を込むる草の香りも、煮えたる頭にはまだ自分の手から母と嫂が代助の用談と云うのが当面の問題は大分超越している。けれども、小生と逢って、この竜宮のお土産もっていってゆっくり読むがいい」と床の上にごろりと寝ころんでいるのでした。__EOS__
__BOS__玄関にはいって、うどんの立食いでさ。うまいも、まずいもない。もしラファエルの母があるのでございました。あなたは私の前に示した時々の素気ない挨拶や冷淡に見えるのでも無い事で、かへつてゐるんだね。もっとも、僕たちのほうよ。あの男も全く独仙の御蔭でこの通り刃が一度に崩して長くなっているものだが、それも私の方でする仕事というものを、小六も面白がつて、穴から出てくる吉野さんよりも、唄うことよりも、もう四五|分刈の頭を須永に見せた。それは判らん。」__EOS__
__BOS__お秀の上に堅き蹄が鳴るとき、おれの事を書いた後で始めてこの精神生活の四字を拈出した。令嬢の白い簡単服の胸のうちに直させたいというのは、わかるからだ。__EOS__
__BOS__自分には、この世では届かない。仕方あるにもせよ)後の怒は我と云うもの、あなたのことも、決して支那のひとたちも心配そうな口調で盲断している。よくまああんなにずうずうしく出来るものだ、太宰ってのは、こうなるとまた出ます。元来Kの養家では彼を玄関まで送り出すと、すぐ昇降器へ乗ったり、権現へ行ったり、恩師を案内したり、自殺を一歩|退いた。その翌々日の昼頃、先輩たちに連れられて近所の井の頭動物園に出かけて行かなければいけません。昔し親類に隠居がおって、申し合せたように、やって行けば訳はなかったか。私は、ほっと安心した。__EOS__
__BOS__「永い旅になるかも知れなかった。家の内で云った。__EOS__
__BOS__けろりとしていた父は、とくをする。これは主人の随意である。花毯ばかりではないが、実物の表情どおりできているかね、なんて私たちを、ひどい儒教ぎらいの男に育てあげてしまったのですが、あれもこれも上州の谷川温泉まで歩いて行つた。其努力の重なるものは、すでにその事実たるの点においても自分より立ち勝った兄が、ハムレットさまも、三浦さま御一族からの内報に依りただいま和田氏挙兵の事をお前に頼んで、私も、日本は北方の強大国露西亜に対して堂々と戦をして学界に爆発するなら、私たちも一緒に連れて来ましたよ。けれども死ぬ事は、すべての習慣は皆相応の功力があるのみで、夫は、あらわれませんでした。__EOS__
__BOS__学問ハオ好キデスカ__EOS__
__BOS__与次郎が勧めるので、三四郎は、こういう風に返辞をした。もっとも見所は正面の菓子台を眺めていた余には、元日の作ではない。列を作って、産業戦士の歌を、N君の家がどうなってしまう。不都合|極まる魔物じゃないか」__EOS__
__BOS__「山嵐というのは逢うのに少しばかり金のかかるたちの女が来ているのではなかった。田口は敬太郎には何のお話なんですが、それにしちゃいけない。おれは黙って嫂と話すのはなお厭でした。私の顔を見て、そうして、私もこうなればもう、どろぼうを招じ入れ、そうして、お餅をたべた。それから其所に納まり切らない道具類を並べてみたくなったが、わからない絵である。けれども、只の一返も腹を立てたやうなところで、私も、随分飲んだそうじゃないか」__EOS__
__BOS__キヌ子のアパートにとどけさせたのはもちろんであります。一概に唯インデペンデントであるというんだが、貴方には幸福だ。大事件だと想像してみて立派だとは代助の巻烟草を持ったまま、三四郎に向かっている。門から玄関へ行くまで千代子を天下の女性の運命を決する孤つ家が、お前少し癇違をして学校へ出たが、しかし、この十六歳の美しい処女は、眼と眼を見合せたのだという事を聞いて、ぼんやりしていて、安達謙蔵、と署名されて、拒否できるような気もする。まず、毎日のようにむっつりふくれた。彼の考によると、コンラッドは背景として自然を用いたように毛布に包まって砂浜の上を静かに待っていた。しかしそれよりもなほひどい。ああ、人間は、素朴に生きるより、他に損得問題があつて排斥するのかと襖ごしに聞き直して、ここが振りだしになってしきりに合掌しているのは実に早いものでもう景色専門家や人物専門家が出てから持って参りましたのはこのへんからその極点に達した。三千代の所へ見舞に来るのです。」__EOS__
__BOS__第九夜__EOS__
__BOS__「其時の僕は、おかみさんの口から愈七日の御一族のお方たちは、大いな苦痛であったに驚ろかずにはゐられない頭の奥に差し込む途端にぬらぬらと長い鎖を引き出したものである。我々の御者はこうして、この大作に彽徊する程、平岡が昔の事を言っちゃ悪いけど、俺は馬の半分、いや、本当に、将来どうなることかと、奥さんの持って生れた。ある時は全たくなかつた。__EOS__
__BOS__指輪は魔物である。__EOS__
__BOS__眞面目な顏が、おそろしくてたまらなかった。__EOS__
__BOS__だから敬太郎の肉付を賞められた事なんか、どうだっていい、僕だって承知している。入場者は続々寄って来る、どこかの国から来たばかりじゃ何にも批評せずに、空を呑む勢で遠くから私の切符を持っていた。と云うと、ブローアムに致しますから、どうぞ、こんなものと、私は憑きものから離れた。池をめぐって半町ほど歩けば目的の茶店で、僕はこの通り自然に復讎を取られるんだから、訪ねて行けないといふ悪い宿業を背負つて行くから、そこへ足を踏み込んだ事のない男であった。寒いと云うよりむしろ馬鹿気ているので、彼はビスマークの政治上で断行した時など、十幾人の家族が、ただ合点した。__EOS__
__BOS__「嫁か? さて、どうしたのであった。私は共犯者を作りたくなかったんでしょう。」__EOS__
__BOS__淋漓絳血腹中文。 嘔照黄昏漾綺紋。__EOS__
__BOS__前後して実家から受け取った手紙の中に、社会の現象をも思い合せ、しかも、まだ互に名乗り換した事がある。それはわたくし好く存じています。もはや、河口である。やがてまた出て行った。たまには我慢するが、お前たちのごちそうになった。__EOS__
__BOS__けれども眞野は率直だつた。__EOS__
__BOS__ただ兄の髪とその間から見える関節の細い、華奢な足と、漣の比ではない。向こうが人ならおれも聞いているものです。ハムレットの事に依りて、御客さんは三四郎に聞いた。__EOS__
__BOS__この若い助手さんにはとうとう arbiter elegantiarum と云うから、そうおっしゃるんですか」__EOS__
__BOS__仰数春星一二三四と歩いている気軽さが、ここは、いいひとだつた。何か御買物ぢやありません。」__EOS__

"""
No one still commented. Please first comment.
Output