anonymous No title
No License Python
2022年06月08日
Copy Clone
"""
太宰治+夏目漱石風 文章をPythonで作成

__BOS__吾輩は猫である、あなたに見て貰えと勧める人であった。眼を醒す刺激の底に温かい血の色を帶びてゐた。時機を失していると、茶の間の襖がことことと鳴つたのである。この不利を看破した通り、お延がとうとう苦笑して首肯いた。摩擦が、すんだかも知れない……」__EOS__
__BOS__「世々の物知り人、また今ないにしてしまって、そんな軽薄な女じゃない。と云ふ分別もあつたやうでございましたやうに、狸が婆さんに怪我を与へた。__EOS__
__BOS__生れてから、逢う人、逢う人に吹聴するようでは親子といえども許さずと誓って下さい。」__EOS__
__BOS__「買おうと思った。黙って針仕事か何かしなければならない事情ができて、私を苦力のように、黒いぽちぽちが出鱈目にできる。手を洗うために、知らないのです。もう、としをとつて下された。かと思うと光沢の悪い先生の顔を所嫌わず掻き挘って泣き叫んだ。__EOS__
__BOS__「しきりにかんかんやるな。どうも職業のない人間性の一つだから、毎日々々いと有難くをがみたり。不思議なるはわが馬を振り向けんとしたる罪過と見る。未来に引き延ばしがたきものを引き延ばして無理に自分を見出した。__EOS__
__BOS__「娘は?」__EOS__
__BOS__暗闇の底でも、それからお母さんも、もう大人なのです。そう云う場所へ来ると、門がある。__EOS__
__BOS__紫でちょっと切れた。気が利かんでは、私も死ぬ事を考える……」__EOS__
__BOS__答のない口元が結んだものは笑いたくても感じられない。かえって非常に健康な人はそんな事は別に気にならないのも勘定の中に閉じこめて置かないと眠れないのだ。なかには無言である。髯はどうだ。いや、むしろ滑稽に思われます。だからただ黙っていましたが、やっぱり逆らわない。僕は、いやでなかつたらう、と聞くと、__EOS__
__BOS__注意されている。__EOS__
__BOS__Hの、あの穴に人はならない筈であつた。けれども、いまは青扇の言葉づかいがどこやら、ちらと瞳で笑い合っているのだ。__EOS__
__BOS__いよいよ腹が痛んだ。ゼムを噛んだり、宝丹でも、熊の手さながら、おまけに女好きという事が想像できるでしょう」__EOS__
__BOS__退屈したとき、彼は彼の心に浸み込んでいるか、どうれで変だとも云うべき風に変化したり、評価したり、罵倒したりする青年に対して済まない気がするんだろうね。けれども全体|何時でも掛りつけの近所の医者に来てくれろと云った。この枕では御気に入りませんでしたけれど、もし父が正義のためだ。オフィリヤ、君は古沼の奥でこっそり自己弁解した。間もなく、プロバカートル事件が起り、つい、おれも何といふ事もなく、また、また、囁く。__EOS__
__BOS__松飾りの影が確に勘定ができるようになるとやっぱり寒いね」__EOS__
__BOS__書付はそれからこの手紙に対する返事がきっと来るだろう」__EOS__
__BOS__だから発作に故意だろうという漠然たる頭に帽子を載せたままひたすらに、昨今の天候に就いて、かれこれ言うのは、泥棒がそんなはずがありませんが。――嘔気はあるんです。飯は食えなくっても、どこぞに品がある」と尋ねた。旅順の要塞も、西洋画は駄目だ……」__EOS__
__BOS__すると小林がなお追かけて廊下へ飛び出しては薄汚い茶店みたいなところがあります。帝王と云う字を借用しないでも――その内の一遍に過ぎなかった。またどう考えても、ほんとうに不思議で、帯をほどき、畳んで岩の上から云えば、すぐなぐられる。悪くすると国賊取り扱いにされる因縁がないと自白した。代助は落ち付いて、消し切りに消すのは、言へなかつた。ときどき、先刻の強い言葉で説明し尽せているだろうぐらいに考えているんじゃありません。」__EOS__
__BOS__「長野君を誘って、高田へ出た。そうして青白い頬の奥を覗き込む。__EOS__
__BOS__「財産も藤尾にやりますから。」__EOS__
__BOS__改札口を出た時と大して変っていない。旧約に於いて弓の大試合がございまして、一円札ならたかが知れているんじゃないか」__EOS__

"""
"""
太宰治+夏目漱石風 文章をPythonで作成

__BOS__吾輩は猫である、あなたに見て貰えと勧める人であった。眼を醒す刺激の底に温かい血の色を帶びてゐた。時機を失していると、茶の間の襖がことことと鳴つたのである。この不利を看破した通り、お延がとうとう苦笑して首肯いた。摩擦が、すんだかも知れない……」__EOS__
__BOS__「世々の物知り人、また今ないにしてしまって、そんな軽薄な女じゃない。と云ふ分別もあつたやうでございましたやうに、狸が婆さんに怪我を与へた。__EOS__
__BOS__生れてから、逢う人、逢う人に吹聴するようでは親子といえども許さずと誓って下さい。」__EOS__
__BOS__「買おうと思った。黙って針仕事か何かしなければならない事情ができて、私を苦力のように、黒いぽちぽちが出鱈目にできる。手を洗うために、知らないのです。もう、としをとつて下された。かと思うと光沢の悪い先生の顔を所嫌わず掻き挘って泣き叫んだ。__EOS__
__BOS__「しきりにかんかんやるな。どうも職業のない人間性の一つだから、毎日々々いと有難くをがみたり。不思議なるはわが馬を振り向けんとしたる罪過と見る。未来に引き延ばしがたきものを引き延ばして無理に自分を見出した。__EOS__
__BOS__「娘は?」__EOS__
__BOS__暗闇の底でも、それからお母さんも、もう大人なのです。そう云う場所へ来ると、門がある。__EOS__
__BOS__紫でちょっと切れた。気が利かんでは、私も死ぬ事を考える……」__EOS__
__BOS__答のない口元が結んだものは笑いたくても感じられない。かえって非常に健康な人はそんな事は別に気にならないのも勘定の中に閉じこめて置かないと眠れないのだ。なかには無言である。髯はどうだ。いや、むしろ滑稽に思われます。だからただ黙っていましたが、やっぱり逆らわない。僕は、いやでなかつたらう、と聞くと、__EOS__
__BOS__注意されている。__EOS__
__BOS__Hの、あの穴に人はならない筈であつた。けれども、いまは青扇の言葉づかいがどこやら、ちらと瞳で笑い合っているのだ。__EOS__
__BOS__いよいよ腹が痛んだ。ゼムを噛んだり、宝丹でも、熊の手さながら、おまけに女好きという事が想像できるでしょう」__EOS__
__BOS__退屈したとき、彼は彼の心に浸み込んでいるか、どうれで変だとも云うべき風に変化したり、評価したり、罵倒したりする青年に対して済まない気がするんだろうね。けれども全体|何時でも掛りつけの近所の医者に来てくれろと云った。この枕では御気に入りませんでしたけれど、もし父が正義のためだ。オフィリヤ、君は古沼の奥でこっそり自己弁解した。間もなく、プロバカートル事件が起り、つい、おれも何といふ事もなく、また、また、囁く。__EOS__
__BOS__松飾りの影が確に勘定ができるようになるとやっぱり寒いね」__EOS__
__BOS__書付はそれからこの手紙に対する返事がきっと来るだろう」__EOS__
__BOS__だから発作に故意だろうという漠然たる頭に帽子を載せたままひたすらに、昨今の天候に就いて、かれこれ言うのは、泥棒がそんなはずがありませんが。――嘔気はあるんです。飯は食えなくっても、どこぞに品がある」と尋ねた。旅順の要塞も、西洋画は駄目だ……」__EOS__
__BOS__すると小林がなお追かけて廊下へ飛び出しては薄汚い茶店みたいなところがあります。帝王と云う字を借用しないでも――その内の一遍に過ぎなかった。またどう考えても、ほんとうに不思議で、帯をほどき、畳んで岩の上から云えば、すぐなぐられる。悪くすると国賊取り扱いにされる因縁がないと自白した。代助は落ち付いて、消し切りに消すのは、言へなかつた。ときどき、先刻の強い言葉で説明し尽せているだろうぐらいに考えているんじゃありません。」__EOS__
__BOS__「長野君を誘って、高田へ出た。そうして青白い頬の奥を覗き込む。__EOS__
__BOS__「財産も藤尾にやりますから。」__EOS__
__BOS__改札口を出た時と大して変っていない。旧約に於いて弓の大試合がございまして、一円札ならたかが知れているんじゃないか」__EOS__

"""
No one still commented. Please first comment.
Output