anonymous No title
No License Python
2022年06月08日
Copy Clone
"""
Python でベートーヴェン+谷崎潤一郎風 文章

__BOS__あの時分、あたしも日光は知らないが、武将の子であるかと云うと、いやと云う程のものであると云って泣き出す。女中達に対する愛憎の念は一と言二た言目には「今の文壇で一番偉い作家だ」と云つたらなかつた。想像するに、その三十三__EOS__
__BOS__五時半頃に木村さんと献酬することはなく、ちょうどさびれた田舎の町をぶらぶら歩くのも相応に骨だが、来る匇々からこんな調子では、この連中に今度の事件が持ち上ったかも知れぬが、たゞ者ならぬ感じがしたんやろ。何しろMさんの坊々の勉強部屋に使やはったり、娘さんで、大阪を午前七時ニ五子自動車デ佐々木ヲ誘イニ来ル。予ハ先ズ奈良アタリノ絵心ノアル佛工ニ命ジテ多量ニ石炭ヲ投ゲ込ンデオケバソレデ大体ヌクマルノダガ、「今日は珍しく昼間から出て行くんですよ」__EOS__
__BOS__一月二十八社|巡りと云っても毎日詰めて規則的にするのがあたりまえでござりました。はッと云うたんで、二番目がおりと、末娘が津村の祖母が貰い受けたと見るべきである。__EOS__
__BOS__もともと地唄の文句に耳を澄ました。八畳の日本間はその時が始めてよ、と、安らかに繰り返されていたように見えたのであろう。それよりは洋行をした。昼間は依然十分な安眠が得られたか恐らく物足りないぼんやりした行掛り上、無事に助かったことを知らせてくれたことはなかった。板倉は一度しかありはしたものの、タイルだけは一切使わぬように調べ、言葉づかいにも念の入れ方で、月々何のかのと物の形の次第に見え分かずなり行きし時、妾は盲人なれども鼻は確なり、匇々に札をお附け下さりませどうでその人にだけはいささかの苦労も両親の反対も何糞と云ふ音が出る度に三度、家の電話番号を教えたり、私を力づけたのは、いつ、誰に聞かれないようになっているし、音楽などは日本物より西洋物の方により理解があることは差支えないが、肌は紛うべくもない人間の皮膚である。リヽーも母親が亡くなってからの思い出の方が神経質で、女性的にさえひゞくのでもあろうと思えば、もう一ぺんいうてみい!」と大声で笑い出した。__EOS__
__BOS__「へーえ、じゃあ臭いんで逃げられた時の比ではないのであった。それはどう云う訳かなかなか雪子さんが時間を守らないのは、今一度会ったきりであった。彼女としては早く知らしてやったが、帰りにいつもの局へは間違っている、間接照明の、杯を空に揚げているのが、すっかり外れて、この光景に出遇ったよりも遥かに及ばないと云うような『詩は事物の共存状態を構図とするが故に、或る程度まではシッカリしていればいいじゃないの」__EOS__
__BOS__「ソンナモノヲ誰ガイツノ間ニ買ッテオヤリニナッタンデショウ」__EOS__
__BOS__ちるこそ花の綴目なりけれ__EOS__
__BOS__我慢に我慢をして遊んだあの閑静な街のことを、今こそ世間の人いうたらたいがいええ加減にして、内心その男をおさえつける。男は、すっぽり紙袋を脱いでズボンをまくり上げて、よち/\とまつら人(松浦人)おこし候事、まんぞくにて候、そもじよりれい申候べく候、あなたがたにおわかれ申し、おめ/\生きていよう筈はないが、ひよつとしたら、掴まへて口説き落さうとでも云ふやうな神経病に悩まされた揚句|颱風に脅やかされるのも治部殿が讒言をなされましたら、ちゃんと回数券を渡してやつたのかもしれない。ほかに六十目ほどのヒレ肉のビフテキ。(野菜を主にしてくれるように、必ず自分をも嫌ったのかは明かであったが、実はあの時は丹生さんにお電話でございますか、お春に背中を向けていたが、恐らくこいさんはこのところ毎日新町へ稽古に通う気になった夫のような方に、傍に置いてあるよってに、………………」__EOS__
__BOS__何んでも追つ付かないことだし、親猫になつて、陰鬱な、無口な児のようにくねくねさせながら、一と口飲んでは書きしたが、それから四五年の後、深く生前の交誼を憶い、或は一門の影塔を作り或は三成の遺骸は後になりましてから、どう云う気持になるらしかった。彼が密かに謀って世間の手前は悪くないが満面ににきびのある男やない? どうも不思議ですな。要するにまあその時分から商売の方が好きなので、松の葉影をくっきりと地面に映して居る自分たちは、前にもお話しました」と云うと、__EOS__
__BOS__「ふふ」__EOS__
__BOS__「あー」__EOS__
__BOS__いったい檜垣衆の尻押しをしてくれましたから、ソロ/\起きましょうや、それやがな、昨夜|此方へ来て病状を見舞つてくれたならば、観月の宴、菊の節句、紅葉狩りと、次々に三人も、将来妻となるべき人も、さすがにぐっと嚥み下した。__EOS__
__BOS__これこそ河内陣みやげ__EOS__
__BOS__城山五子手記抜萃__EOS__
__BOS__と仰っしゃって、「人間社会の温か味」と云う仏蘭西人が、相手は一向感じてくれないのかな」__EOS__
__BOS__(五月十八日ト同ジ事件ノ経過ヲ辿ル。……………」__EOS__
__BOS__けれども猶よく話して行くと、左手が上り框で番頭に草履の紐を解きかけていたのであった。ふっと跡絶えては又しゃべり出し、しゃべり出しして、太閤が秀頼に対する愛着と、伏見築城のことゝを述べて許して貰った若い女の夢のような溌剌さがなくなり、敵のことを知らされていたのでもないと云い云い朝を過してしまって、今日は夜討ちがあるだろうか。………出すか出さないうちに、とう/\降参し出したやうで、微かな音もしていて、それからどうなったではござりませなんだ。そうかと云って、その包のまま通り路へ置いて行ってやることに何の望みもないこと。病室は南向きの斜面に段を築き、秀次の輿が高野に向った七月八日の手紙にも「御つぎにて給候か、又、ここ数年来、雪子の立ち場も考えてみても、必ず感冒の黴菌が這入ったらしいて、えらい騒ぎになったのであるが、ほんとうに可哀そうな老人であったが、そこへ猫|奴が這入って来たのは、今の彼女には遠慮して欲しいに違いないのんか。置きなはれ、穢い!………颯子ハ早速今夜後楽園ジムヘ出カケル。__EOS__
__BOS__安楽椅子ニ腰カケテイル予ノ面前ニ現ワレタノデアル。…………あのう、さっきから僅々一二時間の間辛抱してみようかしら」__EOS__
__BOS__それらの報告を差し出したぐらいなこと分ってますねん。私立の詰まらん学校ですねんけど、御寮人さんがお帰りになりますけれども乗せて行って、川原に捨ててあった。貞之助たちはこんな所に愚図々々して、やがてその旦那様が呼んでくれとおっしゃいましたので、今日まで大切にお預かり申しておりましたらいつのまにやらめをさまして夫と侍女の居ない時にだけ、出席することにソツがないので、実はこれこれで今朝此方へ出てしまふ。いつたい関西の人力車は関東の水そのものが性に適しない几帳面な性質だと云ふ音を聞きながら消えかゝったぞ。」__EOS__
__BOS__光ヤ夢ノ世ヲ早ウ、覚メテ真如ノ明ラケキ、月ノ都ニ住ムヤラン。………最初ノ豫定ハ、五子ト佐々木ガ戻ルマデニ仕事ヲ済マセ、部屋ニ日本茶ヲ取リ出シテデスクニ置キ、右ノ足ガ佛陀ノ足ニ比セラレテ朱印ヲ紙ノ上ニ持チ出シテイタ。明治ノ中期、二十日になってしまった。云ったところで、他人が余計なお切匙だと云われたものと早合点して、さてはいらざる取りこしくろうに手の方が一日つゞいて十日あまりも御たいりゅうなされましたけれども、ほんとうですか、あッはゝゝゝゝ」と相好を崩しながら、べら/\弁じ立てます。__EOS__
__BOS__こんな風でしたよ。なぜかと云うように響いた。__EOS__
__BOS__「畢生の力を抑えきれない優越感を覚えた者であるとか同情者である令弟呉作君がゐて、見ればフンシの砂の上にも念押したら、あの洒落者は必ず陣を引いて、いくらでも酒を呷って躍り狂いました。それはきっとそうなるからって、―――近頃の若い奥さんを見ますと」__EOS__
__BOS__「残額二圓誰かから借りよう。昨今我々は逼迫して居るのだろうか」__EOS__
__BOS__「曲者!」__EOS__
__BOS__会社が済むと、寝台の両端に腰を休めて、それとなく話しかけました。__EOS__
__BOS__「放って置かれたら、必ずや意外な発見を、私達は毎日のようにピタリと息を切らせているたちの人だったら、きよすにおつきなされます。藝者に見立てゝ貰つて白木屋で絹セルの単衣に着換え、これから寝床へ這入ろうとしないところにあったので、何の咎もなく慶長十二年まで生存し、その辺にいる人達の顔を見ては顔を夜着の襟に埋めたまゝで、少しく尾籠ながら、その二つともとうに空っぽになって下さいませんか、あたし英語と音楽だけなら、その心持を察して、お茶々どのをひざの上へ登る。__EOS__
__BOS__「女中はお久のうしろへ凭りかかっていたらしく、お春もいないのに実によくその辺が濛々と打ち煙る。筧をめぐる涓滴の音の伴奏に連れてますます深く濃くなっているところの獅子ッ鼻の孔をふくらましたが、その外はなれ/\しくて、蔭で云うのであった。実は幸子は、何処かの夫人が、ほんのりと白い寝顔を、どんな夢を見て御覧、やって見るもんだわ」__EOS__
__BOS__「蕗のとうを仰山採って帰りまして、こんどつれあいに死なれたので、見事ころ/\と、白く、なまめかしく見えた。頬の線だけはたしかに般若の相で、頭から怒鳴りつけるかも知れない。そして自分の云うことをされてゐたことはなかった。なぜなら彼女にして見合いを急ぐことにしていた。__EOS__
__BOS__初めに滋幹が不安そうにもありませんでした。私はその一事については寸毫も彼を利用して嫉妬を煽り立てることに懸命になっていて、あれからずっと、ナオミはじっと下を向いた。幼心にも何となく春が感じられる。まあ、ほんとうに、四人のうちで末っ児の血とが半々に流れている。但し、箱根の出水の時に示す舞台度胸のせいであったが、それやったらちゃんとその間アに一と晩ぐらゐではあるまい、もう幾晩も/\塗る所を、―――をとられると、三平はピョコピョコお時儀をして、或る日脳病専門のドクトルの所へ通い出したんや、あの着物の着かた見たかて、胡麻化した商品の悉くが日覆ひで埋まつてゐるからであらうか。それとも少年の滋幹には勿論それに気が付いたらしくって、「そんならもっと機嫌ようしたらどないいわれて、暇出されてゐるのだが、さっき未亡人と閑談の最中に、法師丸はこっそり城の裏山の渓へ降りて行くと、食堂の空気も至ってなごやかに、一度阪大の然るべき専門家に来診を乞うた方が後味がさっぱりとするし、全く散歩の気分を以て終始することが出来ませなんだがね」__EOS__
__BOS__「差支えたってどうにかなるわよ」__EOS__

"""
"""
Python でベートーヴェン+谷崎潤一郎風 文章

__BOS__あの時分、あたしも日光は知らないが、武将の子であるかと云うと、いやと云う程のものであると云って泣き出す。女中達に対する愛憎の念は一と言二た言目には「今の文壇で一番偉い作家だ」と云つたらなかつた。想像するに、その三十三__EOS__
__BOS__五時半頃に木村さんと献酬することはなく、ちょうどさびれた田舎の町をぶらぶら歩くのも相応に骨だが、来る匇々からこんな調子では、この連中に今度の事件が持ち上ったかも知れぬが、たゞ者ならぬ感じがしたんやろ。何しろMさんの坊々の勉強部屋に使やはったり、娘さんで、大阪を午前七時ニ五子自動車デ佐々木ヲ誘イニ来ル。予ハ先ズ奈良アタリノ絵心ノアル佛工ニ命ジテ多量ニ石炭ヲ投ゲ込ンデオケバソレデ大体ヌクマルノダガ、「今日は珍しく昼間から出て行くんですよ」__EOS__
__BOS__一月二十八社|巡りと云っても毎日詰めて規則的にするのがあたりまえでござりました。はッと云うたんで、二番目がおりと、末娘が津村の祖母が貰い受けたと見るべきである。__EOS__
__BOS__もともと地唄の文句に耳を澄ました。八畳の日本間はその時が始めてよ、と、安らかに繰り返されていたように見えたのであろう。それよりは洋行をした。昼間は依然十分な安眠が得られたか恐らく物足りないぼんやりした行掛り上、無事に助かったことを知らせてくれたことはなかった。板倉は一度しかありはしたものの、タイルだけは一切使わぬように調べ、言葉づかいにも念の入れ方で、月々何のかのと物の形の次第に見え分かずなり行きし時、妾は盲人なれども鼻は確なり、匇々に札をお附け下さりませどうでその人にだけはいささかの苦労も両親の反対も何糞と云ふ音が出る度に三度、家の電話番号を教えたり、私を力づけたのは、いつ、誰に聞かれないようになっているし、音楽などは日本物より西洋物の方により理解があることは差支えないが、肌は紛うべくもない人間の皮膚である。リヽーも母親が亡くなってからの思い出の方が神経質で、女性的にさえひゞくのでもあろうと思えば、もう一ぺんいうてみい!」と大声で笑い出した。__EOS__
__BOS__「へーえ、じゃあ臭いんで逃げられた時の比ではないのであった。それはどう云う訳かなかなか雪子さんが時間を守らないのは、今一度会ったきりであった。彼女としては早く知らしてやったが、帰りにいつもの局へは間違っている、間接照明の、杯を空に揚げているのが、すっかり外れて、この光景に出遇ったよりも遥かに及ばないと云うような『詩は事物の共存状態を構図とするが故に、或る程度まではシッカリしていればいいじゃないの」__EOS__
__BOS__「ソンナモノヲ誰ガイツノ間ニ買ッテオヤリニナッタンデショウ」__EOS__
__BOS__ちるこそ花の綴目なりけれ__EOS__
__BOS__我慢に我慢をして遊んだあの閑静な街のことを、今こそ世間の人いうたらたいがいええ加減にして、内心その男をおさえつける。男は、すっぽり紙袋を脱いでズボンをまくり上げて、よち/\とまつら人(松浦人)おこし候事、まんぞくにて候、そもじよりれい申候べく候、あなたがたにおわかれ申し、おめ/\生きていよう筈はないが、ひよつとしたら、掴まへて口説き落さうとでも云ふやうな神経病に悩まされた揚句|颱風に脅やかされるのも治部殿が讒言をなされましたら、ちゃんと回数券を渡してやつたのかもしれない。ほかに六十目ほどのヒレ肉のビフテキ。(野菜を主にしてくれるように、必ず自分をも嫌ったのかは明かであったが、実はあの時は丹生さんにお電話でございますか、お春に背中を向けていたが、恐らくこいさんはこのところ毎日新町へ稽古に通う気になった夫のような方に、傍に置いてあるよってに、………………」__EOS__
__BOS__何んでも追つ付かないことだし、親猫になつて、陰鬱な、無口な児のようにくねくねさせながら、一と口飲んでは書きしたが、それから四五年の後、深く生前の交誼を憶い、或は一門の影塔を作り或は三成の遺骸は後になりましてから、どう云う気持になるらしかった。彼が密かに謀って世間の手前は悪くないが満面ににきびのある男やない? どうも不思議ですな。要するにまあその時分から商売の方が好きなので、松の葉影をくっきりと地面に映して居る自分たちは、前にもお話しました」と云うと、__EOS__
__BOS__「ふふ」__EOS__
__BOS__「あー」__EOS__
__BOS__いったい檜垣衆の尻押しをしてくれましたから、ソロ/\起きましょうや、それやがな、昨夜|此方へ来て病状を見舞つてくれたならば、観月の宴、菊の節句、紅葉狩りと、次々に三人も、将来妻となるべき人も、さすがにぐっと嚥み下した。__EOS__
__BOS__これこそ河内陣みやげ__EOS__
__BOS__城山五子手記抜萃__EOS__
__BOS__と仰っしゃって、「人間社会の温か味」と云う仏蘭西人が、相手は一向感じてくれないのかな」__EOS__
__BOS__(五月十八日ト同ジ事件ノ経過ヲ辿ル。……………」__EOS__
__BOS__けれども猶よく話して行くと、左手が上り框で番頭に草履の紐を解きかけていたのであった。ふっと跡絶えては又しゃべり出し、しゃべり出しして、太閤が秀頼に対する愛着と、伏見築城のことゝを述べて許して貰った若い女の夢のような溌剌さがなくなり、敵のことを知らされていたのでもないと云い云い朝を過してしまって、今日は夜討ちがあるだろうか。………出すか出さないうちに、とう/\降参し出したやうで、微かな音もしていて、それからどうなったではござりませなんだ。そうかと云って、その包のまま通り路へ置いて行ってやることに何の望みもないこと。病室は南向きの斜面に段を築き、秀次の輿が高野に向った七月八日の手紙にも「御つぎにて給候か、又、ここ数年来、雪子の立ち場も考えてみても、必ず感冒の黴菌が這入ったらしいて、えらい騒ぎになったのであるが、ほんとうに可哀そうな老人であったが、そこへ猫|奴が這入って来たのは、今の彼女には遠慮して欲しいに違いないのんか。置きなはれ、穢い!………颯子ハ早速今夜後楽園ジムヘ出カケル。__EOS__
__BOS__安楽椅子ニ腰カケテイル予ノ面前ニ現ワレタノデアル。…………あのう、さっきから僅々一二時間の間辛抱してみようかしら」__EOS__
__BOS__それらの報告を差し出したぐらいなこと分ってますねん。私立の詰まらん学校ですねんけど、御寮人さんがお帰りになりますけれども乗せて行って、川原に捨ててあった。貞之助たちはこんな所に愚図々々して、やがてその旦那様が呼んでくれとおっしゃいましたので、今日まで大切にお預かり申しておりましたらいつのまにやらめをさまして夫と侍女の居ない時にだけ、出席することにソツがないので、実はこれこれで今朝此方へ出てしまふ。いつたい関西の人力車は関東の水そのものが性に適しない几帳面な性質だと云ふ音を聞きながら消えかゝったぞ。」__EOS__
__BOS__光ヤ夢ノ世ヲ早ウ、覚メテ真如ノ明ラケキ、月ノ都ニ住ムヤラン。………最初ノ豫定ハ、五子ト佐々木ガ戻ルマデニ仕事ヲ済マセ、部屋ニ日本茶ヲ取リ出シテデスクニ置キ、右ノ足ガ佛陀ノ足ニ比セラレテ朱印ヲ紙ノ上ニ持チ出シテイタ。明治ノ中期、二十日になってしまった。云ったところで、他人が余計なお切匙だと云われたものと早合点して、さてはいらざる取りこしくろうに手の方が一日つゞいて十日あまりも御たいりゅうなされましたけれども、ほんとうですか、あッはゝゝゝゝ」と相好を崩しながら、べら/\弁じ立てます。__EOS__
__BOS__こんな風でしたよ。なぜかと云うように響いた。__EOS__
__BOS__「畢生の力を抑えきれない優越感を覚えた者であるとか同情者である令弟呉作君がゐて、見ればフンシの砂の上にも念押したら、あの洒落者は必ず陣を引いて、いくらでも酒を呷って躍り狂いました。それはきっとそうなるからって、―――近頃の若い奥さんを見ますと」__EOS__
__BOS__「残額二圓誰かから借りよう。昨今我々は逼迫して居るのだろうか」__EOS__
__BOS__「曲者!」__EOS__
__BOS__会社が済むと、寝台の両端に腰を休めて、それとなく話しかけました。__EOS__
__BOS__「放って置かれたら、必ずや意外な発見を、私達は毎日のようにピタリと息を切らせているたちの人だったら、きよすにおつきなされます。藝者に見立てゝ貰つて白木屋で絹セルの単衣に着換え、これから寝床へ這入ろうとしないところにあったので、何の咎もなく慶長十二年まで生存し、その辺にいる人達の顔を見ては顔を夜着の襟に埋めたまゝで、少しく尾籠ながら、その二つともとうに空っぽになって下さいませんか、あたし英語と音楽だけなら、その心持を察して、お茶々どのをひざの上へ登る。__EOS__
__BOS__「女中はお久のうしろへ凭りかかっていたらしく、お春もいないのに実によくその辺が濛々と打ち煙る。筧をめぐる涓滴の音の伴奏に連れてますます深く濃くなっているところの獅子ッ鼻の孔をふくらましたが、その外はなれ/\しくて、蔭で云うのであった。実は幸子は、何処かの夫人が、ほんのりと白い寝顔を、どんな夢を見て御覧、やって見るもんだわ」__EOS__
__BOS__「蕗のとうを仰山採って帰りまして、こんどつれあいに死なれたので、見事ころ/\と、白く、なまめかしく見えた。頬の線だけはたしかに般若の相で、頭から怒鳴りつけるかも知れない。そして自分の云うことをされてゐたことはなかった。なぜなら彼女にして見合いを急ぐことにしていた。__EOS__
__BOS__初めに滋幹が不安そうにもありませんでした。私はその一事については寸毫も彼を利用して嫉妬を煽り立てることに懸命になっていて、あれからずっと、ナオミはじっと下を向いた。幼心にも何となく春が感じられる。まあ、ほんとうに、四人のうちで末っ児の血とが半々に流れている。但し、箱根の出水の時に示す舞台度胸のせいであったが、それやったらちゃんとその間アに一と晩ぐらゐではあるまい、もう幾晩も/\塗る所を、―――をとられると、三平はピョコピョコお時儀をして、或る日脳病専門のドクトルの所へ通い出したんや、あの着物の着かた見たかて、胡麻化した商品の悉くが日覆ひで埋まつてゐるからであらうか。それとも少年の滋幹には勿論それに気が付いたらしくって、「そんならもっと機嫌ようしたらどないいわれて、暇出されてゐるのだが、さっき未亡人と閑談の最中に、法師丸はこっそり城の裏山の渓へ降りて行くと、食堂の空気も至ってなごやかに、一度阪大の然るべき専門家に来診を乞うた方が後味がさっぱりとするし、全く散歩の気分を以て終始することが出来ませなんだがね」__EOS__
__BOS__「差支えたってどうにかなるわよ」__EOS__

"""
No one still commented. Please first comment.
Output