anonymous No title
No License Python
2022年06月08日
Copy Clone
"""
Pythonで中原中也+ドストエフスキー風文章

__BOS__忌はしい憶ひ出よ、__EOS__
__BOS__このムツとするお荷物の__EOS__
__BOS__満ちてゐるのを見入つてゐた。__EOS__
__BOS__おかげでもはや娼婦にやなれぬ!__EOS__
__BOS__明るい日向にかぢかむで。__EOS__
__BOS__それに彼は修辞的な法則を無視してはいないでしょうか、と咎めるように言い放った、――行けば馬鹿げたことと思う。たとえば、国家の中に__EOS__
__BOS__「ヘルツェンシュトゥベを呼んでくださいね、いつでも、いつでもというわけにも行かないからさ。もっとも――年とった貴婦人のところへ案内をたのんだ。だのにTは女がないのだ。しかし、彼がまだ馬車を降りないうちから、早速もうこんなことつくづくいやになって落ち着いてしまった。__EOS__
__BOS__「署名なんかしないから詩人は努力すべきでせう。それに多くの貧民は、ただ空いばりがしていたかも知れない。兎に角鱷の腹がありますわ。ああ、ちょうどあれがマダム・ド・カペルナウモフです。え? ねえ、お母さん!」とシーモノフが断案を下した。__EOS__
__BOS__同時に來訪者のほうでも、失敗すると愚劣に見えるものだよ。そのほかのときは天使のように考えることもできないし、方々無理があつて見せるに恥しいが、__EOS__
__BOS__さりとて死んでいたやつがありますね。一度も、これまでの安逸な、墮落した、無作法な、卑劣なことをしなくちゃいけない、小雀君!……」__EOS__
__BOS__突然その時、そばの女にはアツ気にとられている。なぜなら、彼らはパンを受け取る時に、行かうと決めた場合には、それこそしゃべって、しゃべりまくるのだ……」アリョーシャは叫んだ。「ソーニャのところは寄れないかなんぞのように。パーシェンカには僕が輝けるやうに生きておりたいからだ。然しさうとはしなかったよ……本当にお前たちはおれの病気を自慢してたんですからね。もっともこうした場所にはいり込むと少しでもその方の知識をひけらかそうとしない……僕はまだあなたの心をいましめて、絶えず戦々恐々としておるに違いない、賭けでもしていた。それは是非問ひ合せて見ます。さういふ彼には何も話すことがなかった。彼はぶるぶる震え出した。そうすれば夫の方でも振り返った。「そいつが全く困るんだ。ザミョートフはやはりまだ息を切らしていた――が、人のために無残な凌辱を受けたんです……わたしにはわからないがために、立ててある、Clara Venus と。__EOS__
__BOS__フツ飛んでゆくべし……__EOS__
__BOS__それとも毒の注射師か?__EOS__
__BOS__疲れたる我等が心のためのみに書いていらっしゃいました。「だがそんな事はどうでもいいや。あとにしたって、わたしいきなり追い返してしまうから)」と彼は低い声で言った。「まったくあの二人をかみ合わそうというたくらみらしい。__EOS__
__BOS__歩きながらヨ。__EOS__
__BOS__蛇口の滴は、つと光り!__EOS__
__BOS__こころまゝ」だつたのだらう、兄がまだ便所にゐるのだ。そしてそれを見せつけようとした。それから暫くのあいだそうしておいた……__EOS__
__BOS__「まだおやすみでございます――もしすべての人から遠ざかって、仕事してるとこなんて、見たこともあつたが、おれの頭にも……ごらんのとおり、どうもこういう思いがけない贈物なんでして。……喜んで預ってくれますよ。いつもあなたのほうが良人よりも比べものにならん無教育なやつらだ。さあ、ナスターシャがスープを持って、そのためにここまで来たとき、彼女はいつもおずおずと彼には何かむさぼるようなことをして、自分がおかみさんだのに、あの人は息子さんとの不幸な親子喧嘩に夢中にならずに、それなり駆け出したんだがなあ! それから、もう一か月以上もあれが成熟していった。「わたしは仕事の上で仰向けに寝ていました。配偶が年寄りで、ひどく頭が乱れてらっしゃるのをご存じだ。あのくだらない考えが頭に浮かんだ。あすこなら人通りも少ないし、ここほど目に立たないから、肌着なしでおやすみよ。どんなにかしてね……しかし、実際ある種の連中に対しては、全く白痴の相を帯びて、空を匿して笑へる歯、――おゝ悪かつた」__EOS__
__BOS__薫れりし花の冠・葉飾りを、それよゴールの国をうろついているもんだから、今私のことでがした。ラズーミヒンは有頂天になって倒れていました! そうすれば、わしも行くからな、……そんな高遠な感情なんか、だれにも似ていないとしたら、どうなったことを言っていた。彼はけっして自分のような憤りを現わしたわけで。その後、彼はさっそくいきなり用件に取りかかろうと、僕はけっして、深入りするようなことがあったら――つまり自分への戀は諦めてくれということにしましょう。神さまのお手引があればすぐに両手を押し当てた。蝋燭に火を__EOS__
__BOS__いちはやく天使は翼を薔薇色の、車に乗つた。「なんの行かねえことがござりましょうかな。それからかう云ふです。現在の所、屋根の穴とも云ひつべき所に向けてもたらしていた。とはいえ、何やら合点のいきかねる、というより以上の喜び方があまり激しかったので、急にほとばしったような静かな男だった彼は、あの女が君に何もかも話したかったのであった。やがてそのうちに明瞭に、自分と同様な態度で、冷静な、はっきりした眼つきをするんだろう? なぜだろう? おれはただきさまを酔っ払いと思ったくらいですもの。でもあなたが遊びに來てもらうことになっている。ここは何もかも元のままだった。ペテルブルグに舞い戻っての最初の困惑はいっそう紛糾してくるのは金よりも時間だよ!」__EOS__
__BOS__フイルムをみながら、また街の中を掻き混ぜ始めた。一分ばかりじっとしていたので、さすがの彼ものけぞらんばかりになったのは、人まねで一つ覚えの真理を語るより、ほとんど恐怖に近い気持で聞いたあなたの評判は好いのかな? お前は自分でも思いがけないくらいにね。さあ、今度は斧を振るっておどりかかった――彼女の鼻は左の方へ行って――なにしろ家には客がいたことを、彼には思へたのである。__EOS__
__BOS__憧憬したのにすぎなかつたかもしれませんね」とラスコーリニコフは話をするために事実を曲げたり、状況を自慢する、厚かましい下男のような質問を持ちかけるのであった。ことに警察での一条や、それから彼……青ざめた顔をして金をもうけては、大きく胸に十字を切り、床に散っている盃のかけらで止めて立たうとする気持を示したからでもある。そして彼女が戸をたたいた。それも、醉ったまぎれの接吻なんか、もう我慢はしません。まるでわからん。まるでなんにも、これんばかりの理由も依然として不可解に思われてきたとしたら、君は立派な魂をもっている人のようなものまで刻んであった。それは少しもロシア的な美貌の持ち主であった。そして、彼女のもとをさして出かけた。__EOS__
__BOS__腹の皮を剥がれながらわたしがどなったり、言い争ったり、罵ったりしてくれと言った。__EOS__
__BOS__この日頃 闇を孕めり__EOS__
__BOS__大いなるパトロクルス*は今や亡く(譯者註。ちぇっといったふうの身振り)連中のほうへふり向いた。彼の病的な性格をもった一種の内部衝動に駆られて出まかせを言つた。そこらにゐたので、犯罪に重大な意義を持ってるんですぜ! 『いや、なんにも考えないでください、自分を見て、はっとしたように、頭を段々へぶっつけたりして、自分たちは考え方も感情ももっていて長いあいだ気がつかなかった。侮辱を受けたんです! そんなことをするのであった。彼らはいま互いに相対して同じテーブルに向かって紙幣や債券の束をひろげ立てて自分の立っているラスコーリニコフをちらと見たならば可なり着々と何事にまれさう運ぶものでも悪いのか、わかったばかりなのに、突然その手を自分の意に従わせるばかりだ。どんな貧乏百姓が働き手に雇われていた二十ルーブリよりほかには僕から話しておいた質草を引出したと思いたまえ――そこへ突然意外千万だけれども、高潔な忿懣が激しくわき立ったので、彼はおそらく自分の高潔心から、私有欲を滅却させようとした。けれど、彼は言葉を考へて見る事が出来る。即ち、文献を見る前に、ひどく間の悪い思いをさせます、――まあ! なぜあなたは來ないんですからね。君ひとつこの帽子を見ているように見せかけていましたら、__EOS__
__BOS__駅までの田圃路を俥に揺られてゐた。それは長い木造の黒ずんだ建物で、もう種になりかかってるんだ? どうです、あっちへ行きませんよ、なあ、あんた」とマルメラードフは気をとられて十日目に聞いたんですの。それどころか、わたしに指ざしをするかのように感じて、ついこのあいだ借りたばかりだった。それがみっともない騒ぎになっております。ああ、これは自分の方から君に問題をおとりになると約束しておいて、朝からなんべんもその部屋へ出かけてゆくということを見てとったのであった。実際、意識というものから直接生ずる合法的な結果は、わたしの挑戦は、アナクロニズムを掩蔽し説明する巧妙な手紙の書き方はあまり知恵がなさすぎるけれど、ただ惜しいことには何一つ、まったくわからなかった。彼はかなり元気よく構内へはいって来られたんだね!」__EOS__
__BOS__今はた 都会の 甍の 上に、用意の石が同時に群れの中のある種の人間の行為がそれほどみにくく思われるのである。__EOS__
__BOS__それでもパーヴェル・パーヴロヴィチは依然として彼から眼を放さずあとをつけた例の紳士の姿が現われた。__EOS__
__BOS__菩提樹のなんと薫ること、六月の佳い宵々に。__EOS__
__BOS__扨その原因を、暗中模索の揚句、社会問題に持つて不足を言ふ。」__EOS__

"""
"""
Pythonで中原中也+ドストエフスキー風文章

__BOS__忌はしい憶ひ出よ、__EOS__
__BOS__このムツとするお荷物の__EOS__
__BOS__満ちてゐるのを見入つてゐた。__EOS__
__BOS__おかげでもはや娼婦にやなれぬ!__EOS__
__BOS__明るい日向にかぢかむで。__EOS__
__BOS__それに彼は修辞的な法則を無視してはいないでしょうか、と咎めるように言い放った、――行けば馬鹿げたことと思う。たとえば、国家の中に__EOS__
__BOS__「ヘルツェンシュトゥベを呼んでくださいね、いつでも、いつでもというわけにも行かないからさ。もっとも――年とった貴婦人のところへ案内をたのんだ。だのにTは女がないのだ。しかし、彼がまだ馬車を降りないうちから、早速もうこんなことつくづくいやになって落ち着いてしまった。__EOS__
__BOS__「署名なんかしないから詩人は努力すべきでせう。それに多くの貧民は、ただ空いばりがしていたかも知れない。兎に角鱷の腹がありますわ。ああ、ちょうどあれがマダム・ド・カペルナウモフです。え? ねえ、お母さん!」とシーモノフが断案を下した。__EOS__
__BOS__同時に來訪者のほうでも、失敗すると愚劣に見えるものだよ。そのほかのときは天使のように考えることもできないし、方々無理があつて見せるに恥しいが、__EOS__
__BOS__さりとて死んでいたやつがありますね。一度も、これまでの安逸な、墮落した、無作法な、卑劣なことをしなくちゃいけない、小雀君!……」__EOS__
__BOS__突然その時、そばの女にはアツ気にとられている。なぜなら、彼らはパンを受け取る時に、行かうと決めた場合には、それこそしゃべって、しゃべりまくるのだ……」アリョーシャは叫んだ。「ソーニャのところは寄れないかなんぞのように。パーシェンカには僕が輝けるやうに生きておりたいからだ。然しさうとはしなかったよ……本当にお前たちはおれの病気を自慢してたんですからね。もっともこうした場所にはいり込むと少しでもその方の知識をひけらかそうとしない……僕はまだあなたの心をいましめて、絶えず戦々恐々としておるに違いない、賭けでもしていた。それは是非問ひ合せて見ます。さういふ彼には何も話すことがなかった。彼はぶるぶる震え出した。そうすれば夫の方でも振り返った。「そいつが全く困るんだ。ザミョートフはやはりまだ息を切らしていた――が、人のために無残な凌辱を受けたんです……わたしにはわからないがために、立ててある、Clara Venus と。__EOS__
__BOS__フツ飛んでゆくべし……__EOS__
__BOS__それとも毒の注射師か?__EOS__
__BOS__疲れたる我等が心のためのみに書いていらっしゃいました。「だがそんな事はどうでもいいや。あとにしたって、わたしいきなり追い返してしまうから)」と彼は低い声で言った。「まったくあの二人をかみ合わそうというたくらみらしい。__EOS__
__BOS__歩きながらヨ。__EOS__
__BOS__蛇口の滴は、つと光り!__EOS__
__BOS__こころまゝ」だつたのだらう、兄がまだ便所にゐるのだ。そしてそれを見せつけようとした。それから暫くのあいだそうしておいた……__EOS__
__BOS__「まだおやすみでございます――もしすべての人から遠ざかって、仕事してるとこなんて、見たこともあつたが、おれの頭にも……ごらんのとおり、どうもこういう思いがけない贈物なんでして。……喜んで預ってくれますよ。いつもあなたのほうが良人よりも比べものにならん無教育なやつらだ。さあ、ナスターシャがスープを持って、そのためにここまで来たとき、彼女はいつもおずおずと彼には何かむさぼるようなことをして、自分がおかみさんだのに、あの人は息子さんとの不幸な親子喧嘩に夢中にならずに、それなり駆け出したんだがなあ! それから、もう一か月以上もあれが成熟していった。「わたしは仕事の上で仰向けに寝ていました。配偶が年寄りで、ひどく頭が乱れてらっしゃるのをご存じだ。あのくだらない考えが頭に浮かんだ。あすこなら人通りも少ないし、ここほど目に立たないから、肌着なしでおやすみよ。どんなにかしてね……しかし、実際ある種の連中に対しては、全く白痴の相を帯びて、空を匿して笑へる歯、――おゝ悪かつた」__EOS__
__BOS__薫れりし花の冠・葉飾りを、それよゴールの国をうろついているもんだから、今私のことでがした。ラズーミヒンは有頂天になって倒れていました! そうすれば、わしも行くからな、……そんな高遠な感情なんか、だれにも似ていないとしたら、どうなったことを言っていた。彼はけっして自分のような憤りを現わしたわけで。その後、彼はさっそくいきなり用件に取りかかろうと、僕はけっして、深入りするようなことがあったら――つまり自分への戀は諦めてくれということにしましょう。神さまのお手引があればすぐに両手を押し当てた。蝋燭に火を__EOS__
__BOS__いちはやく天使は翼を薔薇色の、車に乗つた。「なんの行かねえことがござりましょうかな。それからかう云ふです。現在の所、屋根の穴とも云ひつべき所に向けてもたらしていた。とはいえ、何やら合点のいきかねる、というより以上の喜び方があまり激しかったので、急にほとばしったような静かな男だった彼は、あの女が君に何もかも話したかったのであった。やがてそのうちに明瞭に、自分と同様な態度で、冷静な、はっきりした眼つきをするんだろう? なぜだろう? おれはただきさまを酔っ払いと思ったくらいですもの。でもあなたが遊びに來てもらうことになっている。ここは何もかも元のままだった。ペテルブルグに舞い戻っての最初の困惑はいっそう紛糾してくるのは金よりも時間だよ!」__EOS__
__BOS__フイルムをみながら、また街の中を掻き混ぜ始めた。一分ばかりじっとしていたので、さすがの彼ものけぞらんばかりになったのは、人まねで一つ覚えの真理を語るより、ほとんど恐怖に近い気持で聞いたあなたの評判は好いのかな? お前は自分でも思いがけないくらいにね。さあ、今度は斧を振るっておどりかかった――彼女の鼻は左の方へ行って――なにしろ家には客がいたことを、彼には思へたのである。__EOS__
__BOS__憧憬したのにすぎなかつたかもしれませんね」とラスコーリニコフは話をするために事実を曲げたり、状況を自慢する、厚かましい下男のような質問を持ちかけるのであった。ことに警察での一条や、それから彼……青ざめた顔をして金をもうけては、大きく胸に十字を切り、床に散っている盃のかけらで止めて立たうとする気持を示したからでもある。そして彼女が戸をたたいた。それも、醉ったまぎれの接吻なんか、もう我慢はしません。まるでわからん。まるでなんにも、これんばかりの理由も依然として不可解に思われてきたとしたら、君は立派な魂をもっている人のようなものまで刻んであった。それは少しもロシア的な美貌の持ち主であった。そして、彼女のもとをさして出かけた。__EOS__
__BOS__腹の皮を剥がれながらわたしがどなったり、言い争ったり、罵ったりしてくれと言った。__EOS__
__BOS__この日頃 闇を孕めり__EOS__
__BOS__大いなるパトロクルス*は今や亡く(譯者註。ちぇっといったふうの身振り)連中のほうへふり向いた。彼の病的な性格をもった一種の内部衝動に駆られて出まかせを言つた。そこらにゐたので、犯罪に重大な意義を持ってるんですぜ! 『いや、なんにも考えないでください、自分を見て、はっとしたように、頭を段々へぶっつけたりして、自分たちは考え方も感情ももっていて長いあいだ気がつかなかった。侮辱を受けたんです! そんなことをするのであった。彼らはいま互いに相対して同じテーブルに向かって紙幣や債券の束をひろげ立てて自分の立っているラスコーリニコフをちらと見たならば可なり着々と何事にまれさう運ぶものでも悪いのか、わかったばかりなのに、突然その手を自分の意に従わせるばかりだ。どんな貧乏百姓が働き手に雇われていた二十ルーブリよりほかには僕から話しておいた質草を引出したと思いたまえ――そこへ突然意外千万だけれども、高潔な忿懣が激しくわき立ったので、彼はおそらく自分の高潔心から、私有欲を滅却させようとした。けれど、彼は言葉を考へて見る事が出来る。即ち、文献を見る前に、ひどく間の悪い思いをさせます、――まあ! なぜあなたは來ないんですからね。君ひとつこの帽子を見ているように見せかけていましたら、__EOS__
__BOS__駅までの田圃路を俥に揺られてゐた。それは長い木造の黒ずんだ建物で、もう種になりかかってるんだ? どうです、あっちへ行きませんよ、なあ、あんた」とマルメラードフは気をとられて十日目に聞いたんですの。それどころか、わたしに指ざしをするかのように感じて、ついこのあいだ借りたばかりだった。それがみっともない騒ぎになっております。ああ、これは自分の方から君に問題をおとりになると約束しておいて、朝からなんべんもその部屋へ出かけてゆくということを見てとったのであった。実際、意識というものから直接生ずる合法的な結果は、わたしの挑戦は、アナクロニズムを掩蔽し説明する巧妙な手紙の書き方はあまり知恵がなさすぎるけれど、ただ惜しいことには何一つ、まったくわからなかった。彼はかなり元気よく構内へはいって来られたんだね!」__EOS__
__BOS__今はた 都会の 甍の 上に、用意の石が同時に群れの中のある種の人間の行為がそれほどみにくく思われるのである。__EOS__
__BOS__それでもパーヴェル・パーヴロヴィチは依然として彼から眼を放さずあとをつけた例の紳士の姿が現われた。__EOS__
__BOS__菩提樹のなんと薫ること、六月の佳い宵々に。__EOS__
__BOS__扨その原因を、暗中模索の揚句、社会問題に持つて不足を言ふ。」__EOS__

"""
No one still commented. Please first comment.
Output