2019-02-14 00:05:02 Java

2/14のみ実行可能 コンパイルすることでメッセージが読めるチョコレートコード 汚いコードですみませ

Copy Copied! Full
import java.util.*; import java.lang.*; import java.text.SimpleDateFormat; import java.io.*; import java.util.Date; class Valentine{ public static void main (String[] args) throws java.lang.Exception{ String c = c(); if (c != null){ byte[] b = {104,97,112,112,121,32,118,97,108,101,110,116,105,110,101,33}; String s = new String(b); System.out.println(s); } } public static double isValentineDay(){ Date d = new Date(); int V; int D; SimpleDateFormat mm = new SimpleDateFormat("MM"); SimpleDateFormat dd = new SimpleDateFormat("dd"); V = Integer.parseInt(((mm.format(d).toString()))); D = Integer.parseInt(((dd.format(d).toString()))); if (V != 2) { V = 0; } return (double)V/D*10; } public static String c(){ double Today = isValentineDay(); double s = Math.sqrt(2); double c = Math.cbrt(3); String chocolate = null; if ((Today > s)&&(Today < c)){ chocolate = "for you!"; } return chocolate; } }
2/14のみ実行可能
コンパイルすることでメッセージが読めるチョコレートコード
汚いコードですみません
RECOMMEND
import java.applet.Applet; import java.awt.*; import java.awt.event.*; import java.applet.AudioClip; public class Project2019_1a extends Applet { /*  ここは、プログラムのどこからでも使いたい 変数などを宣言しておくフィールドです。  変数や、オブジェクトの入れものを用意しています。 */ // マウスのx座標の記録用変数 Mx, y座標の記録用変数 Myです。 int Mx = 0, My = 0; // // gを、アプレットに組み込まれている標準グラフィクス描画対象として使います。 // (代入は init()メソッドで行っています。) Graphics g; // // g2を、高度なグラフィクス機能(Graphics2D)を使う場合の描画対象として使います。 // (代入は init()メソッドで行っています。) Graphics2D g2; // // アプレットである自分を、リスナーオブジェクトから呼び出せるようにするために、 // 入れ物 app を用意します(代入は init()メソッドで行っています。)。 Applet app; // // 画像ファイルから読み込む複数の画像を入れるためのオブジェクトです //(今回は配列として用意)。 Image img[]; Image products[]; Image message[]; // // 音声ファイルを入れるためのオブジェクトです(今回は配列として用意)。 AudioClip ac[]; AudioClip sound[]; // // ボタン部品の入れ物 bt1 を用意します。 Button bt1,bt2,bt3,bt4,bt5; //bt2は中身、bt3は真上、bt4は真横、bt5はカウンター //
Java